道路・空港・港湾・公園・スポーツ・レジャー施設等の舗装、建設工事、および製品販売
お問合せ先 サイトマップ
東京鋪装工業株式会社 HOME
企業情報技術情報紹介施工実績事業所案内採用情報
技術情報紹介 Technical Info
HOME > 技術情報紹介 > 普通コンクリート舗装
 
コンクリート
普通コンクリート舗装
 
資料請求はこちら
最も一般的なコンクリート舗装

特長
 
版構造
一般的な版厚は15〜30cmで、横収縮目地を5〜10m間隔で設ける。横目地にはダウエルバーを、縦目地にはタイバーをいれて版と版をつなぎます。 転圧コンクリート(振動ローラー)

普通コンクリート
 
セットフォーム工法による普通コンクリート版の施工工程例
 
普通コンクリート版の版厚等
舗装計画交通量
(台/日・方向)
コンクリート版の設計 収縮目地間隔 タイバー、
ダウェルバー
設計基準
曲げ強度
版厚 鉄網
T<100 4.4MPa 15cm 原則使用
3kg/m2
8m (ただし鉄網ない場合5m) 原則使用
(3.9MPa) (20cm)
100≦T<250 4.4MPa 20cm
(3.9MPa) (25cm)
250≦T<1,000 4.4MPa 25cm 10m
1,000≦T<3,000 28cm
3,000≦T 30cm

用途
 
一般道路、工事用道路、駐車場
トンネル内舗装
ヤード舗装
 
資料請求はこちら

▲ このページの上部へ
Copyright (C) 2005 TokyoHosoKogyo Corporation. All Rights Reserved.
このサイトについて