道路・空港・港湾・公園・スポーツ・レジャー施設等の舗装、建設工事、および製品販売
お問合せ先 サイトマップ
東京鋪装工業株式会社 HOME
企業情報技術情報紹介施工実績事業所案内採用情報
技術情報紹介 Technical Info
HOME > 技術情報紹介 > ウッドチップベーススタビ(WBS)工法
 
環境
ウッドチップベーススタビ(WBS)工法
 
資料請求はこちら
現場で発生した木材(産業廃棄物)を現場内の路床や盛土材にリサイクル
 
建設発生木材を現場内で大量利用
セメント安定処理工法により木材チップの腐食を抑制
産廃費用が不要なため経済的
建設副産物リサイクル推進(3R)工法

特長
 
現場発生木材を現場内で大量利用
従来建設発生木材のリサイクル方法は、法面緑化の肥料や歩道の舗装材として利用量が少なかったのに対し、WBS工法は建設発生木材を、破砕機で繊維状にチップ化し、セメント系固化材とともに建設発生土と混合し路床安定処理を行なうため、建設発生木材を大量にリサイクルすることが出来ます。(t=1mの路床にウッドチップを約250kg/m2混入:路床重量比15%)

敷均し状況
 
セメント安定処理工法により木材チップの腐食を抑制
建設廃材チップ混入セメント安定処理土の供試体は、耐朽性試験で腐食菌が繁殖しないことが確認されています。


攪拌・混合


転圧
 
産廃費用が不要なため経済的
WBS工法は、建設発生木材を産廃として処理する必要がないため、従来工法より20〜30%経済的です。

現場発生木材
 
WBS工法採用工事が、リサイクル(3R)モデル工事として認定
建設副産物の積極的な利用が評価され、WBS工法採用工事が、リサイクル(3R)モデル工事として認定を受けました。(国道19号日出塩チェーン着脱場設置工事)
※3R:建設副産物の発生抑制:Reduce、再利用:Reuse、再生利用:Recycleの頭文字
ウッドチップベーススタビ工法による施工工程例(日出塩チェーン着脱場設置工事)


 
用途
 
軟弱な地盤(路床等)
盛土
裏込め土
堤外道路
資料請求はこちら

▲ このページの上部へ
Copyright (C) 2005 TokyoHosoKogyo Corporation. All Rights Reserved.
このサイトについて