道路・空港・港湾・公園・スポーツ・レジャー施設等の舗装、建設工事、および製品販売
お問合せ先 サイトマップ
東京鋪装工業株式会社 HOME
企業情報技術情報紹介施工実績事業所案内採用情報
技術情報紹介 Technical Info
HOME > 技術情報紹介 >セーオンペーブメント(排水性舗装)
 
アスファルト 環境
セーオンペーブメント(排水性舗装)
 
資料請求はこちら
雨天時の路面滞水の防止による走行安全性の向上、車両走行騒音の低減
 
雨天時のスリップやハイドロプレーニング現象の抑制
夜間や雨天時の路面視認性向上
車両走行騒音の低減
 
特長
 
雨天時のスリップやハイドロプレーニング現象を抑制
排水性舗装は空隙を有しており雨水が路面に溜まらないため、スリップやハイドロプレーニング現象の抑制に効果的です。雨天時の交通事故は、晴天時に比べて事故発生率が5〜10倍といわれおり交通事故抑制にも期待できます。
高速道路における排水性舗装の効果 事故発生件数 対策前1年間 2981件 対策後1年間 488件
資料:日本道路公団

グラフは、平成12年度までに排水性舗装を施工した箇所のうち、路面湿潤時の事故*)が多い箇所における施工前後の1年間の事故件数を調査した結果

*)対策実施前1年間の総事故件数が全国平均の2倍(6件/km)以上で、湿潤時の事故が総事故件数の50%以上の箇所

 
夜間や雨天時の路面視認性向上
雨天時の水はねやスモーキングによる視界不良が起こりにくいために、車両運転者や沿道住民に負荷の少ない舗装です。

 
車両走行騒音の低減
走行車両のタイヤと路面より生じるエアポンピング音が、排水性舗装の空隙に逃げるため走行車両騒音が低減されます。
3〜5dbの低減が見込まれます。
騒音低減効果
 
用途
 
高速自動車道
一般国道
都道府県道
 
資料請求はこちら

▲ このページの上部へ
Copyright (C) 2005 TokyoHosoKogyo Corporation. All Rights Reserved.
このサイトについて